自己流塗装の基礎知識

車に採用される塗料はメーカーが技術を注ぎ込んで選びますから、強固な塗膜によって簡単には傷が付きませんし、汚れの付着に対しても強いので、通常の利用では耐久性が高く取り除く事は難しい塗料です。
硬い物に当たり傷が付いた場合は、補修を行い目立たなくする事が必要なので、塗膜の欠けを補う施工を行いますし、色合わせや段差を作らないテクニックを活かして補修します。
光の反射具合も違和感に繋がりますから、完璧に色合わせを行わないと目立ちますし、塗料に関する知識と使い方が重要なので、経験が欠かせ無い施行の結果に繋がる技量です。
好みを変える為の塗装方法としては、塗膜を綺麗に剥がす事が必要なので、機材を活かして剥がし切る事が前提になりますし、サンドブラスト等を用いて入念に下準備をする必要があります。
外装のカスタマイズは労力が必要ですし、道具や塗料を揃える費用が欠かせませんから、最終的な完成イメージを明確にする事が大切であり、最後まで気を抜かないで取り組む事になります。
内装に限定したカスタマイズであれば、下準備は比較的簡単になりますし、ヤスリ掛けや脱脂を行い塗料を塗布する事によって、目的の場所に着色する事が可能です。

コメントは受け付けていません。