最低限注意しなければいけないこととは

カスタムは車の楽しみ方ですから、好みによって自由な装飾が楽しめますし、外装に対しても法律を守る限りは行えるので、幅広く楽しまれる方法として広がっています。
注意点としては施工によって取り返しが付かない事なので、実際に行う前には覚悟する事が欠かせませんし、工具を使ったカスタムは不注意により傷付ける事を避ける必要があります。
小さな道具であっても金属が剥き出しの物は珍しくありませんし、落としてしまえば怪我だけではなく車に傷付く可能性はありますから、凹みや塗装に対するダメージが発生するので、注意深く取扱う心構えが大切です。
塗装を取り除くカスタムは元には戻せませんし、物理的に除去する方法も可逆性が損なわれるので、施工後の事を考えた行動が重要であり、失われる点を含んで選択を行います。
パーツの接着に関しては、接着を行う材質が影響を与えますから、両面テープであればダメージはありませんし、綺麗に取り除けるので元に戻せます。
接着剤は下地にダメージを与えますから、跡が残り取り除く事は難しいですし、両面テープに比べて接着力は強いですが、元に戻す事を前提にした製品では無い事を理解する必要があり、固定したパーツと目的に合った接着方法を選ぶ事が重要です。

コメントは受け付けていません。