‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

最低限注意しなければいけないこととは

2015/04/22

カスタムは車の楽しみ方ですから、好みによって自由な装飾が楽しめますし、外装に対しても法律を守る限りは行えるので、幅広く楽しまれる方法として広がっています。
注意点としては施工によって取り返しが付かない事なので、実際に行う前には覚悟する事が欠かせませんし、工具を使ったカスタムは不注意により傷付ける事を避ける必要があります。
小さな道具であっても金属が剥き出しの物は珍しくありませんし、落としてしまえば怪我だけではなく車に傷付く可能性はありますから、凹みや塗装に対するダメージが発生するので、注意深く取扱う心構えが大切です。
塗装を取り除くカスタムは元には戻せませんし、物理的に除去する方法も可逆性が損なわれるので、施工後の事を考えた行動が重要であり、失われる点を含んで選択を行います。
パーツの接着に関しては、接着を行う材質が影響を与えますから、両面テープであればダメージはありませんし、綺麗に取り除けるので元に戻せます。
接着剤は下地にダメージを与えますから、跡が残り取り除く事は難しいですし、両面テープに比べて接着力は強いですが、元に戻す事を前提にした製品では無い事を理解する必要があり、固定したパーツと目的に合った接着方法を選ぶ事が重要です。

自分でカスタムしたら保証はされないものと見よ

2015/04/22

 

自らカスタムを行う場合は責任がありますし、自由に改造出来るメリットはありますが、失敗や事故の原因となるミスは自ら責任を負いますから、カスタムが原因で不注意による事故の発生は保証されない状況です。
カスタムは自ら行える行為ですが、高品質に仕上げる為には技術が必要ですから、納得出来る結果を求める為に出費を行いますし、技術力を持つ業者に依頼する事でカスタムが行われます。
業者は依頼に応じてカスタムを行いますし、走行に適した状態で納品されますから、外見だけではなく内部も問題ない事が確認され、安全性を確保した上でカスタムが完了します。
顧客は納得して車を受け取りますし、結果に対する責任は所有者にあるので、元に戻せない事は覚悟して依頼しますから、改造に対するクレームは行えないリスクがあります。
カスタムはどちらにしても保証がありませんから、リスクを理解して行う事が重要ですし、自ら行う場合は十分な技術力が欠かせ無いので、大掛かりな改造にはそれだけのデメリットがあります。
業者に任せる場合も同様ですし、責任を押し付ける事は不可能なので、カスタムは危険性を伴う改造方法だと実感する事が重要であり、改造が内部に及ぶほどリスクは高まります。

 

DIY後は全て自己責任

2015/04/22

今日、自動車のドレスアップが大変流行っています。
ショップに頼んでする事が主流ですが、工賃などが結構かかってしまい予算オーバーになってしまうこともあります。
そこで、自分でパーツの取り付けなどを行う、DIYも流行っています。
自分で行うことにより、好きなように加工できるだけでなく、愛着もわきます。
しかし、素人作業になることが多く、加工の失敗で取り付けが出来なかったり、綺麗に取り付けができなかったりもします。
また、電気関係の作業に至っては、十分に注意し知識も合わせて持っていないと感電したり、ショートさせてしまって、ヒューズが飛び、どこのヒューズが飛んだか探す作業も発生してきます。
ヒューズ飛びだけで終わっていればまだいいのですが、ショートした電流が大きく、配線の破断や火災に発展することもあります。
配線の破断は、どこの配線が切れたか探す作業が大変です。
自動車にはすごい数の配線が通っており、一つ一つしらみつぶしに作業をしなくてはなりません。
これは、ショップやディーラーでしかできないので作業工賃も高額になってきます。
また、自分で作業をして取り付けたパーツや電気機器にかんしては一切保証が付かなくなります。

コストを節約してできる改造方法

2015/04/22

大掛かりな作業で車をカスタマイズすると費用も大きくなるので、車内に限定したコスト削減の車弄りが節約しつつ楽しめます。
本格的なカスタムパーツは安くありませんし、作業に必要な工具の購入や専門業者が行う作業費用は小さくありませんから、初心者でも気軽に楽しめておまけに快適な空間を作り出せる楽しみ方が、車の楽しみ方を更に広げます。
運転に支障が起きないステッカーが簡単なカスタマイズですし、実用性のあるお気に入りのカーグッズが魅力的ですから、デザインと機能性を兼ねる製品が車内にある事で、車の実用性と共に楽しみになります。
寛げる空間の実現も車内の快適性に関わり、リラックスできる商品を活用したり、車とは思えない時間を実現するグッズが効果的です。
車内でドリンクを飲む事もありますし、クッションがあると軽い睡眠が行えるので、ドリンクを置く場所を安定させるグッズや、手触りが良く弾力がある抱き枕が車の過ごし方を更に快適にします。
部分的な塗装も車のカスタマイズなので、落とし易い塗料を使った塗装は個性を出せますし、一段レベルが上級者に近付く車の弄り方です。
吸盤やマグネットを使ったグッズも、発展させる要素があって使い易いですから、様々な商品を組み合わせる事もセンスが活かされます。

故障した部品を取り替えるコツ

2015/04/22

自動車の車種によっては数多くのパーツ類が用意されている状況にあって、メーカーが予め用意しているものから、いわゆる社外品と呼ばれているパーツまで幅広く用意されています。そんな中、自動車を所有していると、時には故障が発生してしまうことがあります。この場面では該当する箇所の部品交換が必要とされているものですが、その際にはコツというものも用意されています。最も基本とされている内容では、そのまま同じパーツである純正品に交換する方法があり、多くの方が利用していることになります。しかし、特に社外品として発表されているパーツの中には魅力的なアイテムも多数用意されていることに加え、デザイン的や機能面でも優れているものにも関わらず、純正品よりも低価格で販売されているものまで登場しています。その結果として故障を起こしてしまった際には、取り付け可能なパーツ類を調べてみることもおすすめになり、気に入ったパーツを見つけることができた場合では、社外品などを活用することによって、ドレスアップ効果を生み出すことができます。故障してしまった箇所によっても大きく変わる内容を持っているものですが、まずは対応しているパーツ類などを調査してから検討することが最適な方法とも言えます。

自己流塗装の基礎知識

2015/04/22

車に採用される塗料はメーカーが技術を注ぎ込んで選びますから、強固な塗膜によって簡単には傷が付きませんし、汚れの付着に対しても強いので、通常の利用では耐久性が高く取り除く事は難しい塗料です。
硬い物に当たり傷が付いた場合は、補修を行い目立たなくする事が必要なので、塗膜の欠けを補う施工を行いますし、色合わせや段差を作らないテクニックを活かして補修します。
光の反射具合も違和感に繋がりますから、完璧に色合わせを行わないと目立ちますし、塗料に関する知識と使い方が重要なので、経験が欠かせ無い施行の結果に繋がる技量です。
好みを変える為の塗装方法としては、塗膜を綺麗に剥がす事が必要なので、機材を活かして剥がし切る事が前提になりますし、サンドブラスト等を用いて入念に下準備をする必要があります。
外装のカスタマイズは労力が必要ですし、道具や塗料を揃える費用が欠かせませんから、最終的な完成イメージを明確にする事が大切であり、最後まで気を抜かないで取り組む事になります。
内装に限定したカスタマイズであれば、下準備は比較的簡単になりますし、ヤスリ掛けや脱脂を行い塗料を塗布する事によって、目的の場所に着色する事が可能です。

ドレスアップのトレンド

2015/04/22

車のドレスアップのトレンドとして、やはり手軽にイメージチェンジが楽しめるカラフルなLED照明は欠かせません。取り付けが苦手な場合でも、そのままカー用品店とのタイアップ商品なら専門店のネットショップでオーダーすればカー用品店でセットアップしてくれます。女性にも好評なフェイクファー用品や、ヨーロッパから流行が始まったドアミラーウィンカーなど、それぞれの好みでカスタムチェンジする事が可能です。ブランド別に商品が作られている為、ピッタリ合う事が特徴で、また、乗り心地を高める工夫としても、内装のインテリアパネルは車の個性を決定付けますが、主に木目調やカーボンパネルが主流となっています。また、同様にインテリアテーブルも同じ色調でまとめる事が多く、純正のカラーに非常に近いイメージの物が使われており、ひとクラス上を演出するためのパーツとして、持ち主のセンスがうかがえるアイテムとなります。その為、カスタムカー作りに慣れていると、自分でパーツを加工して楽しめる点は見逃せません。グレードアップを手軽な予算で叶えることが出来、技術を持っているなら挑戦する価値はあります。そして、広告が発祥となっているカーラッピングは、大手カー用品チェーン店もサービスを開始し注目の的となっています。

自分好みのマイカーに改造しよう

2015/04/22

車には、いくつかの改造ポイントがあります。
「マフラー」は、カスタムとしては初歩的なパーツです。
交換することで、簡単にスポーツカー気分を味わえるので、たいていの人がここからカスタムの道に入ります。
価格帯は2万~40万と幅広いですが、マフラーを交換すると、まず変わるのが「音」です。
「とにかくうるさい物」「大人しい響きの物」など様々なので、好みに合った物を選びましょう。
また、排気効率も上がるので、同時にエアクリーナーも交換したほうがいいですし、点火タイミングも合わせたほうがいいので、そうなるとCPUも交換したほうがいいですが、こだわりすぎるとあっという間にお金が無くなるので、ほどほどに。
次に、「車高調整」。
車には、車体とタイヤの間にバネが入っています。
そのバネを交換することで、車高を変えることができるのですが、低くするのが一般的です。
価格帯は2万~8万ほどで、主にドレスアップが目的ですが、振動が響きやすくなったりするので、あまり下げすぎないほうがよいでしょう。
そして、「ホイール」。
これも、車外から見えやすいので、ドレスアップには欠かせないパーツです。
価格帯は8万~50万ほどですが、自分の車のタイヤのサイズをよく確認してから選びましょう。

揃えておきたい道具や工具

2015/02/25

 

DIYは技術や目的によって様々な楽しみ方がありますし、道具を扱える知識があれば誰でも挑戦出来ますから、車もカスタムが行える魅力を持つので、挑戦する意志次第でカスタムが行えます。
どの家庭にもある一般的な工具が車にも役立ちますし、手持ちの工具だけでカスタム出来る場合はあるので、家の引き出しを確認する事が役立ちますし、利用出来る道具を把握する事が大切です。
安い道具は最低限の仕事を果たしますが、作業で部品を傷付けたり傷める可能性がありますから、安定した品質の商品を揃える事は大切なので、自信を持って任せられる工具でカスタムする事が重要です。
車内のカスタムであれば一般的なドライバーが役立ち、電動ドライバーなら応用範囲が広いですし、作業効率が高まりますから、広範囲でカスタムを行う場合に活用出来ます。
レンチは主にホイールの作業を行う場合に使いますし、自宅の室内用として使われる事は少ないですから、一般的に所有される割合は低いので、必要に応じて購入する事が求められます。
電装パーツを交換する場合は、必要な配線のチェックが欠かせ無いので、問題なくカスタムを行う必要がありますから、走行する事が認められる状態で終わらせる事が出来る作業の準備が必要です。